夏の布とうつわ展「涼をよぶ!」

夏の布とうつわ展「涼をよぶ!」

■タイトル:夏の布とうつわ展「涼をよぶ!」 
■会期:2009年6月14日(日)〜7月26日(日)長期開催!
    11:00〜18:00
■会場:ならまち ギャラリーたちばな
    〒630-8372 奈良市西寺林町18-1 
    TEL&FAX:0742-31-6439


夏の布とうつわ展「涼をよぶ!」を開催します。
小浜恵子のガラス(パート・ド・ヴェール) 作品をはじめ、宙吹きガラス、サンドブラストのガラス、青磁、染付のうつわに、染色デザイナー竹村沙佳映(たけむらさかえ)の草木染のコースターやテーブルクロスなど、暑苦しい夏をしのぎやすくしてくれるものたちを集めて展示します。  
見て涼しく、使って涼しい、身近に楽しめるものたちに囲まれて、この夏を乗り切ってください。


小浜恵子
美しい砂糖菓子のような、そして高価なパート・ド・ヴェール(鋳込みガラス)を身近な、普段に飾れる絵皿や、使えるお皿、鉢などのうつわにしたいという思いを実現しています。
三重県伊賀市在住

竹村沙佳映
奈良晒しや絹布などを使って草木染をおこなう。黒、白  、赤、青、黄の基本五色で無限の色を生み出します。 
奈良県奈良市在住

新鋭陶芸作家五人うつわ展「使って楽し・観て愉し」

新鋭陶芸作家五人うつわ展

■タイトル:新鋭陶芸作家五人うつわ展「使って楽し・観て愉し」 
■会期:2009年5月16日(日)〜31日(日)
    11:00〜18:00
■会場:ならまち ギャラリーたちばな
    〒630-8372 奈良市西寺林町18-1 
    TEL&FAX:0742-31-6439


【 奈良と京都の新鋭作家五人】
武田公美:色絵、金襴手 美麗なうつわ、アクセサリーも愉しい
谷口左和子:白磁、青白磁 暖かい磁器
本多亜弥:野の草花を描いた染付、豊かな表情を 見せる藍色の世界。
見谷佳則:伝統文様の染付と思いきや、猫、ねこ、ネコ、ニャンコがいろいろ。化け猫も????
見谷尚美:色絵磁器・陶器に可愛いネコが、貴方にやさしく微笑んでくれます。

使い易さと美しさを競っています。
是非、お越しください。

平野由佳作陶展「たおやかな色絵磁器’09」

平野由佳作陶展

■タイトル:平野由佳作陶展「たおやかな色絵磁器’09」 
■会期:2009年4月25日(土)〜5月10日(日)
    11:00〜18:00
■会場:ならまち ギャラリーたちばな
    〒630-8372 奈良市西寺林町18-1 
    TEL&FAX:0742-31-6439


季節をあでやかに彩る花々は、九谷焼作家平野由佳さんの手によって、白い磁肌に永遠の命を吹き込まれたかのようです。
身近なマグやカップ&ソーサー、飯茶碗から飾花器、そして香炉や香合まで多彩に展覧いたします。

「奈良の現代刀匠二人展」江住有俊と河内國平

「奈良の現代刀匠二人展」a
有俊作

「奈良の現代刀匠二人展」b
國平作

■タイトル:「奈良の現代刀匠二人展」江住有俊と河内國平 
■会期:2009年4月9日(木)〜19日(日)
    11:00〜18:00
■会場:ならまち ギャラリーたちばな
    〒630-8372 奈良市西寺林町18-1 
    TEL&FAX:0742-31-6439


日本刀制作のふるさとといえる奈良で現代刀展を開催する運びとなりました。
80歳にしてなお現役の江住師と奈良県無形文化財保持者の河内師の二人展です。
江住師は、得意の剣を、河内師は、刀剣以外にも日本刀に使用する玉鋼で作られた文鎮や火箸、書なども展示しています。
毎日刀匠が在廊して、刀剣制作についてのお話を身近に聞くこともできます。

「備前焼 山下譲治・有仁二人展」

「備前焼 山下譲治・有仁二人展」

■タイトル:「備前焼 山下譲治・有仁二人展」 
■会期:2009年3月20日(木)〜4月5日(日)
    11:00〜18:00
■会場:ならまち ギャラリーたちばな
    〒630-8372 奈良市西寺林町18-1 
    TEL&FAX:0742-31-6439


登り窯を使い、1250度以上の高温で2週間焼締められた備前のうつわ。
高温の炎が生み出す赤松の灰による自然釉と器肌の変化、そして山下さん独自の造形が織り成す「妙」をお楽しみください。
今回は、ここ数年山下さんが取り組んできた「黒備前」が見ものです。


「花も実もある五人展 '09春」

「花も実もある五人展 09春」

■タイトル:「花も実もある五人展 '09春」 
■会期:2009年2月28日(土)〜3月15日(日)
    11:00〜18:00
■会場:ならまち ギャラリーたちばな
    〒630-8372 奈良市西寺林町18-1 
    TEL&FAX:0742-31-6439


これからの陶芸をリードする新鋭5名のグループ展、遊び心や粋な装飾性があり、使って愉しく、見てうれしい食器を中心に。
上田敦子:鉄釉、伊羅保など
川合孝知:九谷色絵
黒木泰等:青白磁、織部など
高田志保:鉄釉、青釉など
土井雅文:青磁、青白磁など

「懐かしのうつわ展」

「懐かしのうつわ展」a

「懐かしのうつわ展」d

「懐かしのうつわ展」c

「懐かしのうつわ展」b

■タイトル:「懐かしのうつわ展」 
■会期:〜2009年2月15日(日)
    11:00〜18:00 
    水曜日定休日 *2月16(月)、17(火)、18日(水)は連休です
■会場:ならまち ギャラリーたちばな
    〒630-8372 奈良市西寺林町18-1 
    TEL&FAX:0742-31-6439


奈良町(ならまち)ギャラリーたちばなでは、江戸期から明治、大正、昭和の懐かしいうつわを展示、販売中です。
使って愉しい、飾ってうれしい「むかしうつわ」達です。どうぞご来店ください。

守崎正洋作陶展

守崎正洋作陶展

■タイトル:守崎正洋作陶展 
■会期:2008年11月15日(土)〜12月7日(日)
    11:00〜18:00 
    水曜日定休日
■会場:ならまち ギャラリーたちばな
    〒630-8372 奈良市西寺林町18-1 
    TEL&FAX:0742-31-6439


奈良町(ならまち)ギャラリーたちばなでは、京で制作に励む守崎さんの作陶展を開催します。
天目釉、柿釉、辰砂など伝統の釉薬を自在に使って作品の上に表現します。
繊細に形作られた生地は、とても使いやすいものになっています。
どうぞご高覧ください。

本多亜弥作陶展「四季の華やぎ」

本多亜弥作陶展

■タイトル:本多亜弥作陶展「四季の華やぎ」 
■会期:2008年10月24日(金)〜11月11日(火)
    11:00〜18:00 
    水曜日定休日
■会場:ならまち ギャラリーたちばな
    〒630-8372 奈良市西寺林町18-1 
    TEL&FAX:0742-31-6439


奈良町(ならまち)ギャラリーたちばなでは、正倉院展の時期に奈良在住の染付陶芸作家、本多亜弥さんの個展を開催します。
大鉢、大皿、カップ&ソーサー、から身近な飯茶碗に至るまで白い地肌に可憐な野の花々が競っています。
どうぞお越しください。

「花も実もある五人展」’08秋

「花も実もある五人展」’08秋

■タイトル:「花も実もある五人展」’08秋 
■会期:2008年10月4日(土)〜19日(日)
    11:00〜18:00 
    水曜日定休日
■会場:ならまち ギャラリーたちばな
    〒630-8372 奈良市西寺林町18-1 
    TEL&FAX:0742-31-6439


奈良町(ならまち)ギャラリーたちばなでは、関西で活躍する若手工芸作家の展示会を開催します。
東井美紗子さんは、蒔絵のアクセサリーです。
武田公美さんは、細密な金襴手や赤絵などで酒器や茶香炉など。
平井明さんは、奈良出身。香炉や掛け花入れからC&S、小皿までを出品。
見谷佳則さんは、猫ニャン擬人画の山水、お皿など、楽しいもの。
見谷若葉さんは、四季の抹茶碗や花々で彩られた美しいマグなどを出品する予定です。
どうぞお越しください。


calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 『杉本玄覚貞光 わびさび展』出展作品のご紹介
    門野 登喜晴
  • 中村敏康の切子展、始まりました〜♪
    よっすぃ

links

profile

書いた記事数:233 最後に更新した日:2019/05/20

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM