小泉淳作版画作品展、四季折々より「夏の思ひ出」

小泉淳作版画作品展

■タイトル:小泉淳作版画作品展、四季折々より「夏の思ひ出」 
■会期:2007年7月12日(木)〜8月31日(金)
    11:00〜18:00 
    水曜日定休日
■会場:ならまち ギャラリーたちばな
    〒630-8372 奈良市西寺林町18-1 
    TEL&FAX:0742-31-6439


新聞掲載された小品「四季折々」から夏にちなんだ作品を展示。
草花や海山、大半が墨一色で丹念に描かれています。
本年83歳の小泉画伯ですが近年は京都建仁寺、鎌倉建長寺の天井画龍図を描き、昨年は、聖武天皇、光明皇后の御影を奉納されるなど精力的な活動をしておられます。
* 展示作品は販売も致します。

小泉淳作/1924 鎌倉生

碇貴代司 パステル画「お〜い雲」作品展

碇貴代司 パステル画「お〜い雲」作品展

■タイトル:碇貴代司 パステル画「お〜い雲」作品展 
■会期:2007年6月1日(金)〜30日(土)
    11:00〜18:00 
    水曜日定休日
■会場:ならまち ギャラリーたちばな
    〒630-8372 奈良市西寺林町18-1 
    TEL&FAX:0742-31-6439


碇さんは、パステルのやさしさと色のきれいさに惹かれていつか見たことのある自分の風景として、雲をテーマに描き続けています。
展示作品は販売も致します。


【経歴】
碇貴代司
1947 佐賀市生
企業デザイナーを経てフリーのデザイナーとして活躍
日本グラフィックデザイナー協会会員
久留米市在住

カンボジアの子どもたち-フォトジャーナリスト小林正典

カンボジアの子どもたち

■タイトル:カンボジアの子どもたち-フォトジャーナリスト小林正典 
■会期:2007年2月1日(木)〜2月28日(火)
    11:00〜18:00 
    水曜日定休日
■会場:ならまち ギャラリーたちばな
    〒630-8372 奈良市西寺林町18-1 
    TEL&FAX:0742-31-6439


社会派カメラマン、小林正典氏による「カンボジアの子どもたち」写真展を開催いたします。
いまだになお、戦火の影響に苦しむ子どもたち、そうした中でも明るさを失わず無心に遊ぶ子どもたち、その両面を見据えてカンボジアのいまを切り取っています。

世界をまたにかけて、戦争の悲惨さや難民を鋭く見据える活動をする一方で、インドにおける仏教八大聖地の撮影や世界の子どもたちをテーマにした撮影などで人びとに暖かい目を注いでいます。

今回はその膨大な写真資料の中から、カンボジアの子どもたちに焦点を合わせて作品展示をいたします。
カンボジアは、1970年に始まるベトナム戦争の影響、1975年から1979年に亘るポル・ポト政権による大虐殺などを経て今に至るまで、大小さまざま形の戦争、内戦に苦しんできました。
そうした中でも子どもたちは明るさを失いません。
未来への希望である子どもたちをカンボジアから紹介いたします。

フォトジャーナリスト小林正典/京都市生まれ

小泉淳作 版画作品展

小泉淳作 版画作品展

■タイトル:小泉淳作 版画作品展 
■会期:2007年1月2日(火)〜30日(火)
    11:00〜18:00 
    水曜日定休日
■会場:ならまち ギャラリーたちばな
    〒630-8372 奈良市西寺林町18-1 
    TEL&FAX:0742-31-6439


孤高の日本画家、小泉淳作画伯の版画作品を常設展示。
大半の作品は墨一色で描かれており、身近な野菜や美しい日本の風景が、 丹念に表現されています。
新聞連載小説の挿絵として掲載された「四季折々」の小品を中心として、文字通り日本の四季に合わせた作品を展示してまいります。
*展示作品は販売も致します。

小泉淳作/鎌倉生まれ


calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 中村敏康の切子展、始まりました〜♪
    よっすぃ
  • 2011年1-2月の営業日ご案内
    tachibana
  • 2011年1-2月の営業日ご案内
    キタムラ

links

profile

書いた記事数:204 最後に更新した日:2017/03/27

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM