信楽 篠原希 作陶展 (2020年・令和二年)

 

ならまち ギヤラリーたちばなでは、202021()から16()まで「信楽 篠原 陶展」を開催いたします。

 薪を焚いて焼締める窖窯で、大壺や蹲(うづくまる)と呼ばれる小壺、花活け、徳利や ぐい呑みなどを作り出す。焼きの最中に窯から作品を引き出し、急冷させる技法を使って信楽特有のビードロも独特の青み掛かった色合いに仕上げたりもする。

今回は、須恵土を使いアメリカで学んだスリップの技法も用いた作品もご覧いただきます。

  土味と焼きを追求する篠原希の世界を是非、ご覧ください。

 

 

 

会期:202021()16()   休廊:水曜日

時間:11001800(ただし、最終日は1600まで)

於:ならまち ギヤラリーたちばな 奈良市西寺林町18−1 

作家在廊日:2月1、2、8、9、11、15日

 

略歴:

1972 大阪府生まれ

1991 信楽 古谷製陶所に所属、

   古谷信男氏に師事、作陶を始める

1998 信楽窯業技術試験場釉薬科修了

1999 信楽町黄瀬にて独立作陶

2004 伊賀に新たに穴窯を築く

2007 経済産業大臣指定伝統的工芸品 信楽焼伝統工芸士に認定される

2012 第23回秀明文化基金賞受賞

2015 講談社モーニング連載「へうげもの」水指「やぶれぶくろ」登場回で作画協力

 

日本工芸展近畿支部展37,38,39回入選ほか、
グループ展多数,展覧会入選など

以上

 

 

 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 備前 山下譲治・山下有仁 二人展
    さとこ
  • 中村敏康の切子展、始まりました〜♪
    よっすぃ

links

profile

書いた記事数:249 最後に更新した日:2020/03/30

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM