唐津 丸田宗彦 陶展

唐津 丸田宗彦 陶展

 

ならまち ギヤラリーたちばなでは、2018224()から311()まで

「唐津 丸田宗彦 陶展」を開催いたします。

 古唐津は、桃山時代の自由な気風のもとに、茶陶に適したうつわとして焼成されて、わづか数十年でその役割を終えたと云われます。その魅力は、多様な土と釉薬、薪窯焼成によってもたらされたものです。桃山時代は、地域の枠に閉じ込められていた工人たちが、世のリーダーたちの導きもあって、交流し始めた時代でもありました。かの古田織部も文禄・慶長の役では、九州に赴き、名護屋城に詰めていたのです。当然、茶人プロデューサーとして大きな影響を与えたことでしょう。

 古唐津に魅せられたところから発した丸田さんですが、築窯30年を経て、その思いは現代唐津創造へと向かっているようです。

 定評ある絵唐津、朝鮮唐津から織部、高麗まで約100点是非、ご高覧ください。

 

 

・朝鮮唐津 壺

 

 

・奥高麗 茶碗            ・絵唐津 茶碗

 

・斑唐津 角徳利           ・朝鮮唐津 角徳利

 

                   記

 

会期:2018224()311()   休廊:水曜日

時間:11001800(ただし、最終日は1600まで)

於:ならまち ギヤラリーたちばな 奈良市西寺林町18−1 

作家在廊:224午後、25日、262時頃まで

 

 

・斑唐津 片口ぐいのみ         ・唐津黒ぐい吞み

・唐津黒織部ぐい吞み          ・唐津井戸ぐい吞み

 

・奥高麗 ぐい吞み          ・唐津皮鯨 ぐい吞み(上左)

・朝鮮唐津 ぐい吞み         ・絵唐津 ぐい吞み(上中)

                   ・絵唐津 徳利

                   ・粉引唐津 長方皿

              

略歴:

1961 佐賀県に生まれる

1980 濱田庄司氏三男篤哉氏に師事

1984 佐賀県黒牟田に帰り、作陶

1986 一水会展入選

1987 内田皿屋窯を開窯、日本伝統工芸展入選

2000 皿屋川登窯開窯

2002 NHKBS「器・夢工房」出演

2003  々     々 

2008 野村美術館特別展「高麗茶碗への挑戦」に出展

2009 九州陶磁文化館「古唐津に魅せられたもの達」出展

2017 築窯30年

 

以上


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 中村敏康の切子展、始まりました〜♪
    よっすぃ

links

profile

書いた記事数:219 最後に更新した日:2018/08/13

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM