新倉晴比古 ガラス作品展


新倉晴比古 ガラス作品展
 
ならまち ギヤラリーたちばなでは、6月4日()〜12日()まで、日本における瑠璃(ガラス)文化発祥の地である奈良で、ガラスアートをリードする新倉晴比古さんの個展を開催いたします。
 奈良ガラス工芸の草分けといえる新倉晴比古さんの作品を一堂に展観いたします。 茶道具、涼しげな鉢、夏にふさわしい酒のうつわからオブジェまで幅広く・・。
 中でも高度な技術を要する「フュージング**」による作品は、吹きガラス作品とはまた異なる表情、風合いを見せてくれます。

 作業中の新倉さん
*瑠璃は、ガラスの古称
**「フュージング」:棒状にカットされたガラスを並べて形造り、約800度の高温で焼付け、融着させる技法。膨張率が異なると冷却中や完成後に割れることもある高度な技法。

於:ならまち ギヤラリーたちばな
  奈良市西寺林町18−1 (近鉄奈良駅より徒歩8分)
電話・ファックス:0742−31−6439
URL:  http;//www.naramachitachibana.com
・会期:6月4日() 〜 12日()   休廊:水曜日
・開廊時間:午前11時〜午後6(最終日は、午後4時まで)

 
 寄木香炉            「木精の器」寄木合わせ水指

 
 モザイク一輪挿し         金散らしワイングラス

 
 金彩黒捻ぐい呑み          金散らし酒杯

・新倉晴比古略歴:日本ガラス工芸協会会員、奈良市美術家協会会員
 著書:『新倉晴比古ガラスの世界』丸善
  1. 神奈川県生まれ、
  1. 多摩美術大学立体デザイン科卒業
1987 西独「ハノーバーメッセ」にライティングオブジェ出展
  1. サントリー美術館「日本のガラス2000年」展に招待展示
’99日本のガラス展」会員部門賞
 2005 「’05日本のガラス展」藤田喬平賞’05受賞
 2009 JR神戸駅ガラスモニュメント制作、あずきミュージアム(姫路)壁面オブジェ制作
 2013 パラミタミュージアム出展
 2014 竹田城 竹田駅ガラスモニュメント制作
 2015   '15日本のガラス展』においてJGAA賞を受賞
以上

 

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 中村敏康の切子展、始まりました〜♪
    よっすぃ

links

profile

書いた記事数:235 最後に更新した日:2019/07/18

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM