川北成彦 吹きガラス展 2020

川北成彦 吹きガラス展

 

 ならまち ギヤラリーたちばなでは、1017()25()まで、奈良でガラス作品を制作する川北成彦(かわきた しげひこ)さんの吹きガラス展を開催致します。

 

 川北さんは、日本におけるガラス工芸発祥の地といえる奈良で長年吹きガラスの作品を作り続けてきました。硝子に溜る光には、ぬくもりとやさしさがあふれています。経年の変化を意識して表面に銀を巻き付け、「和」を感じさせる作品等を生み出します。 

酒器、食器、花活など暖かで、やさしいガラス作品を是非ご覧下さい。

 

*作品は、19日よりInstagramでもご覧いただけます。また「たちばなネットショップ」でもお求めいただけます。

 

・菓子鉢:榛名

 

於:ならまち ギヤラリーたちばな

  奈良市西寺林町18−1 (近鉄奈良駅より徒歩8分)

電話・ファックス:0742−31−6439

・会期:1017() 〜 25()

・開廊時間:午前11時〜午後6(最終日は、午後4時まで)

 

略歴:

1968 長崎県生まれ

1991 関西国画会、彫刻の部 新人賞

1994 奈良教育大大学院終了

1997 奈良市展工芸の部 市議会長賞

1998  々           々

1999 奈良市展工芸の部 市展賞

2007 朝日現代クラフト展 入選

2012 ビアマグランカイ9 入選

2014 伊丹国際クラフト展「酒器・酒盃台」入選

2015 奈良吹きガラス工房設立

 

以上

 


唐津 中川恭平 作陶展 2020

 ならまち ギヤラリーたちばなでは10月31日(土)〜 11月15日(日)まで唐津焼 中川恭平さんの初個展を奈良の地で開催いたします。

 中川恭平さんは早逝した中川自然坊さんの息子であり、父の志を継いで佐賀県の玄海町で作陶に励んでいます。

「一.焼き、二.土、三.作り」を信条にしていた自然坊さんの作品は、野性味と優しさに溢れていました。恭平さんは、父から受け継いだ豪快さ、器としての使い易さに留意して日常を豊かにする作品を目指しています。

 二種類の薪窯を駆使して焼成した斑唐津、朝鮮唐津、刷毛目などの茶盌、酒器、食器など120点を出展します。是非、ご覧ください。

 

  

・粉引茶碗               .朝鮮唐津徳利

 

  

・斑唐津楕円皿            ・朝鮮唐津及び黒唐津 竹長皿

 

・作品は、Instagramでもご覧いただけるようにいたします。

・11月2日より、個展作品を「たちばなネットショップ」でもお求めいただけます。

 

於:ならまち ギヤラリーたちばな

  〒630-8372 奈良市西寺林町18−1、PHONE/FAX:0742-31-6439

  時間:11:00〜18:00、 休廊:水曜日

 

※作家在廊日:10月31日午後、11月1日

 

 中川 恭平:略歴

1983 佐賀県東松浦郡玄海町生まれ

2004 日本デザイナー学院九州校CGデザイン科修了

2009 父、中川自然坊に師事.

2012 中川自然坊窯を受け継ぐ

 

以上

 


備前 山下譲治・山下有仁 作陶展は無事終了いたしました。

 2020年備前 山下譲治・山下有仁作陶展は、御蔭様で、無事終了いたしました。

 コロナ禍の中、あらたな備前ファンの方々にもお越し頂きました。有難うございました。


1

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 空女 陶展「京薩摩・華薩摩」2020
    Seiji Ando
  • 備前 山下譲治・山下有仁 二人展
    さとこ
  • 中村敏康の切子展、始まりました〜♪
    よっすぃ

links

profile

書いた記事数:265 最後に更新した日:2020/10/12

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM